+JT-Bridge裏日記+
タイポップスのコピーバンド、JT-BridgeのギタリストTomoによる、JT-B活動記録。 主に練習・LIVEの様子などを。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
うだうだきゃんぱすらいふ。
はてさて、学校が始まってしまいました。。。
それに加えて、臨時でバイトを毎日やらされてるもんですから、
まったくもってリズムが総崩れです。
いつでも寝不足。。。
明日からのおやすみが待ち遠しい・・・。


はてさて、大学も後期スタートで、
JT-BridgeタイかぶれギタリストTomoさんの授業ラインナップはというと。

以下は回数/週、()内は前期での数。

専攻の某国語:0(←2)
タイ語:5(←4)
某国語のその他授業:3
タイ関係その他授業:3


すっかりかぶれてるね。

かぶれもここまでくれば上等かと自画自賛してみます。

前期の授業の成績表もようやくゲットしたのですが、
某国語関係のみしか履修できなかった今までに比べると、
久々に・・・・・・・(以下自粛)
これ以上自分を落とすのもよくないでしね(笑)


明日から3連休というわけで、
大阪タイフェス記完成とHP更新しなきゃです。
大阪話を完結させずして、学校は始まれませんよー。


さて、早く授業終わんないかなー(爆)

スポンサーサイト
タイ漬け週間
ほう。ようやく今日のことが書ける。。。
まだタイフェスの話は終わってないけどね(苦笑)


今年から大手を振ってタイ学街道を爆進するワタクシですが、
タイ語に限らず、タイの文化(文学など)、社会・・・
とれるだけの授業を大学でとっています。
私はまだタイについて知っていることはほとんどないから。
音楽はもちろん、歴史・社会・経済・文化・・・
ひたすらにアンテナ張って情報収集の段階なんです。


さて、本日21日(水)は、大学でとっている
「タイ農村社会とNGO」という文化のプレゼン。
『イサーンの百姓たち―NGO東北タイ活動記』という本を読んで、
レビューをみんなの前でしなきゃいけないのです。
学術論文じゃなくてエッセイのため、まとめるのはかなり苦労しました。
発表の授業ギリギリまでPCで資料打ってたのは内緒の話。

なんとか終わらせて授業に向かうも、
今日は授業短縮にて、発表は来週・・・・(涙)
しょうがない・・・誤字も見っかったし、やりなおそ・・・


で、なぜ今日は授業が短縮されたかと言うと、
タイ人の女性作家カム・パカーさんの講演会が大学であったのです。
それに皆が出席出来るよう、先生が早めに終わらせてくれたのでした。

カム・パカーさんはタイにおける「作られた女性像」へのアンチテーゼを
作品、また自らの行動によっても提示していらした方で、
その方法はタイ国内ではかなり過激・・・ととられ、
賛否両論だそうでし。(こと、年配層に"否"が多いとか・・・^ ^;)

著作のタイトルや雑誌のインタビュー、そんな前評判を聞いた私は、
一体どんな人なんだろう?
こわそーなお姉さま系?なんて考えてました(笑)

実際に姿を現したカム・パカーさんは、
にこにこして、ウィットに富んだかわいらしい方。
視点の鋭さが度々顔を見せます。

その講演の内容は・・・ちょっとここに書くことは出来ません(苦笑)
講演会に出た人の特権ね~。

そこでカム・パカーさんが指摘したことは、
大学の授業で日本人の先生などが少し提示していたりして、
日本人であるからこそ、そういう風に考えるのも可能(許される)なのだと思っていましたが、
それがタイの方からも出てきたことに驚きと新鮮さがありました。

私がJT-Bメンバーとして知らず知らずに関わってきた経験も、
講演を聞いて、実は色んな意味合いを含んでいることを知り。

・・・抽象的な話ですいませんね^ ^;
どーしても知りたい人は私に直接訊いて下さいな。
厳正な人選をした後、お教えします(笑)


カム・パカーさんは作家はもちろん、
文芸評論家、コラムニスト・・・とたくさんの顔を持つ方で、
そしてなんと、料理人という一面も。
去年から、京都でタイ料理店のオーナー兼料理人をやっていらっしゃるとか。
多才な方なんですねー。
料理と聞いちゃだまっちゃおれんぞ(笑)


その後、偉大なる宇戸先生より懇親会=飲みのお誘いを頂き、
ちゃっかりお邪魔することに。
こんな機会は滅多にないですからね。

某居酒屋Yに繰り出すのでした。。。
ざ・海外逃亡。
さてさて。
この年の瀬、みなさんはどうお過ごしですか?



ワタクシ、突然ですが、、、、


タイに行ってきます。


計画自体は今年の春くらいからしてたのですが、
ここで発表するのは初めてですね。

で、出発は明日です。
なので、12月26日~1月4日の間。。。


初タイなので、どきどき。

私の場合、とても運よく、
面倒を見てくださる方がいらっしゃるので、
誠に感謝感謝。
初の長めの旅行でもあるのですが、
おかげさまで不安はかなり軽減です。

帰省とか、祖父母宅に遊びに行くことをのぞいたら、
ほとんど国内1泊2日旅行しかしたことないのに・・・(苦笑)


で、行くにつけて。
タイでしたいこと・行きたい場所などを書き出したりしてみたのですが・・・
その一部をここで紹介していきまひょ。

1.おいしいトム・カー・ガイ食べる
  酸味のきいた、鶏肉やマッシュルームの入ったスープ。大好きなのですよぅ。

2.やっぱり外せない寺院めぐり~♪
  しっかりお参りしてきまする。。。

3.タイ文字のコー・カイ表(日本語のあいうえお表みたいなもの)を買う!
  無論、我が家の壁に貼る分と、Takashi氏、Try氏へのお土産で(笑)

4.タイマッサージ初体験。。。
  むしろ、日本でも整体とかしてもらったことがないので、初・マッサージ。

5.そうそう、本物のトムヤムクン食べないとね(爆)
  あえてコメントなし。

・・・と、まぁ他にも色々あるのですが、ありすぎて割愛。
向こうでもブログ更新したり出来るかな??
もし出来たら、実現させていく過程をあっぷしようかと思います。
お楽しみに。

うむぅ、ささっと挙げてみた5個中2個が食べ物関係か・・・

ま、私らしいといふことで。。。


さーて、いい加減寝ないとなぁ。
では、いってきまーす★
にゅうす!!
Boy氏も熱く参戦した、話題の(?)エントリ・・・
みそしるくん、なトムヤムクン
でご紹介した、噂のトムヤムクン(風)スープですが・・・



ななななななんと!!!











「大辛野菜スープ(おおからやさいすーぷ)」


に改名してました!!!





しかも。




見るからに中身同じ・・・・・・・・・



これって・・・。
やはりタイ語科の人とか、タイからの留学生からクレームきたのかな?



それとも・・・。


このブログを(以下略)!!!???


真相は闇の中。
わからない・・・

こわいよぅ・・・(苦笑)
閑話休題・・・・
なんか・・・忙しくてPC離れてる間に、
こみそが頑張ってますね
そこにツッコミ入れるだけの私・・・
どっちが筆者なんやらわかりませんね(苦笑)

ロイカトンの話もほったらかしですが、
ここでちょいと閑話休題ってな感じで、
私の大学の学食ネタを(笑)


---------------------------

この間、ひさびさにお昼を学食で食べたのですが、
料理を受け取るカウンターで、気になる文字を発見!!



トムヤムクン(風)スープ



・・・気になる。これは気になる。
しかも「(風)」の文字が、明らかに後から加えられたっぽいのも、
すっごい気になる・・・・・・。
こりゃタイポップスカバーバンドのギタリストとしては(以下略)
もちろん、早速注文。

Tomo:「あの、トムヤムクン・・・」(←発音はすっかりタイ語かぶれ・笑)
おばちゃん:「出てますよ」
Tomo:「ほへ?」
おばちゃん:「だから、そこに出てます


その先を見ると・・・・



ザ・味噌汁椀。



かなり面食らいながらも、
おばちゃんがブチ切れ寸前だったので(お昼時だもんね・・・すみませ
黙ってそれを受け取り、お盆にのせながら覗き込むと・・・



とむやむ・・・・くん?

↑・・・こんなんなってました。







とむ・・・やむ・・・・くん?


Tomoはここで、何となく、
後から書かれたっぽい「(風)」の意味を理解しかけた。

いや、まだだまだだ。
食べてみなきゃわからないもん、ね?


そして、早々に、食す。
他に選んだメインの料理など目もくれず、トムヤムクン(風)を・・・。


・・・・・にんじん?


・・・・・・もやし?


・・・・・・・・・・豆腐!???


お味のほうは、辛味はほとんどナシ。
(最近タイ料理で辛いものに慣れてるからかも知れないけど)
で、あの独特の酸味はそのままに、って感じでしょうか。
そこにきて、前述の具ですね。
あと、缶詰のマッシュルームが入ってたかな。

うぅむ、見事なジャパニーズアレンジとでも言うべきかしら。
味はなかなかにおいいしいんですよ。
でも、トムヤムクン・・・と言われて食べると、、、ねぇ





結論。


トムヤムクン(風)。


食堂のおばちゃんは正直だと思った。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。