+JT-Bridge裏日記+
タイポップスのコピーバンド、JT-BridgeのギタリストTomoによる、JT-B活動記録。 主に練習・LIVEの様子などを。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
サスペンスのかほり。。。
どーも、Tomo@授業中です。
(またかよ…)



ただ今、私の携帯には・・・

間違い電話の季節到来 

何か毎年、一時期に集中して来るんですよねー。
で、今年もってなわけです。


-----------------

先週、知らない番号より着信。
授業中だったため出れず。
メッセージが残っていた。

「○○ですけど、電話ください。私の携帯に、電話ください」

と、男性の声。
その時は特に気にも留めず。
無論、電話はしていませんが。


そして、昨日。
非通知にて着信。
実家が非通知なもんで、ためらいなくとる。

Tomo:「もしもし?」
?:「もしもし?」
Tomo:(誰じゃ、この男の人は・・・?)
?:「もしもし?」
Tomo:「はい・・・?」
?:「誰かわかるでしょ?」
Tomo:(ムッとして)「は?」
?:「誰かわかるでしょ?」
Tomo:(イライラして)「どちら様ですか?」
?:「え・・・?■■ちゃん(女性名)でしょ?」
Tomo:(無常に)「違います」
?:「あ、、、、間違えました」
Tomo:(電話を切る)

電話口のものの言い方からして、
だいーぶロクな男じゃない香りがしてくるのですが(苦笑)
切ってから、こないだのメッセージの人と同じ声だと気づく。


前回は番号通知してたのに、今回は非通知。
「連絡をくれ」というメッセージ。
いやに馴れ馴れしい態度と女性の名前。


ここで、深読み迷探偵Tomoさんはヒラメキました!

この人、■■ちゃんにフられたんだな。。。

無視されてると思うと非通知でかけてくるのって・・・
怖いよにー。
しかも、とった途端「誰かわかるよね?」だもんなぁ(汗)

このままこっちに間違い電話=無視され
■■嬢も無視・・・
なんてことになったら・・・・



この人ストーカーになっちゃうんじゃないかすら!!!?



と、いうところまで暴走妄想(笑)
■■ちゃん、、、電話とってあげて・・・・



ひとり手に汗にぎる、間違い電話事情。。。
スポンサーサイト
BL:家賃*月村奎(BlogPet)
こみそは、すも投稿するつもりだった?
Tomoがほんとうを投稿された。
こみそは、投稿すればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こみそ」がはたけの真ん中を読んで書きました。
落ち込んだりもしますが、私はげんきです。
まじょたくー(笑)



色々ご迷惑おかけしてすみません。
一応復活。
でも、日記を書く気力がないので、こんなネタを。


大人年齢診断問診表」ですって。
http://asahi.co.jp/php/hajime/adcheck.php


ちなみに私は、様々な心理テストで
14~17歳辺りが必ず出るのですが・・・






15歳。


ここでも出た。



150問もあってちょっと長いのですが、
皆さんやってみては?
コメント欄に結果とか書いてもらえると楽しいな~

あ、JT-Bメンバーは素通り禁止で!
せっかく『裏』日記なんですから、
面白いことやらせてくださいよ、協力よろしくです(笑)
自分の矮小さに嫌気がさす夜は
嫌い、醜い、情けない、どうしようもない・・・




そんな時は。




頭からっぽにして寝よう。


タイ漬け週間
ほう。ようやく今日のことが書ける。。。
まだタイフェスの話は終わってないけどね(苦笑)


今年から大手を振ってタイ学街道を爆進するワタクシですが、
タイ語に限らず、タイの文化(文学など)、社会・・・
とれるだけの授業を大学でとっています。
私はまだタイについて知っていることはほとんどないから。
音楽はもちろん、歴史・社会・経済・文化・・・
ひたすらにアンテナ張って情報収集の段階なんです。


さて、本日21日(水)は、大学でとっている
「タイ農村社会とNGO」という文化のプレゼン。
『イサーンの百姓たち―NGO東北タイ活動記』という本を読んで、
レビューをみんなの前でしなきゃいけないのです。
学術論文じゃなくてエッセイのため、まとめるのはかなり苦労しました。
発表の授業ギリギリまでPCで資料打ってたのは内緒の話。

なんとか終わらせて授業に向かうも、
今日は授業短縮にて、発表は来週・・・・(涙)
しょうがない・・・誤字も見っかったし、やりなおそ・・・


で、なぜ今日は授業が短縮されたかと言うと、
タイ人の女性作家カム・パカーさんの講演会が大学であったのです。
それに皆が出席出来るよう、先生が早めに終わらせてくれたのでした。

カム・パカーさんはタイにおける「作られた女性像」へのアンチテーゼを
作品、また自らの行動によっても提示していらした方で、
その方法はタイ国内ではかなり過激・・・ととられ、
賛否両論だそうでし。(こと、年配層に"否"が多いとか・・・^ ^;)

著作のタイトルや雑誌のインタビュー、そんな前評判を聞いた私は、
一体どんな人なんだろう?
こわそーなお姉さま系?なんて考えてました(笑)

実際に姿を現したカム・パカーさんは、
にこにこして、ウィットに富んだかわいらしい方。
視点の鋭さが度々顔を見せます。

その講演の内容は・・・ちょっとここに書くことは出来ません(苦笑)
講演会に出た人の特権ね~。

そこでカム・パカーさんが指摘したことは、
大学の授業で日本人の先生などが少し提示していたりして、
日本人であるからこそ、そういう風に考えるのも可能(許される)なのだと思っていましたが、
それがタイの方からも出てきたことに驚きと新鮮さがありました。

私がJT-Bメンバーとして知らず知らずに関わってきた経験も、
講演を聞いて、実は色んな意味合いを含んでいることを知り。

・・・抽象的な話ですいませんね^ ^;
どーしても知りたい人は私に直接訊いて下さいな。
厳正な人選をした後、お教えします(笑)


カム・パカーさんは作家はもちろん、
文芸評論家、コラムニスト・・・とたくさんの顔を持つ方で、
そしてなんと、料理人という一面も。
去年から、京都でタイ料理店のオーナー兼料理人をやっていらっしゃるとか。
多才な方なんですねー。
料理と聞いちゃだまっちゃおれんぞ(笑)


その後、偉大なる宇戸先生より懇親会=飲みのお誘いを頂き、
ちゃっかりお邪魔することに。
こんな機会は滅多にないですからね。

某居酒屋Yに繰り出すのでした。。。
JT-B阿漕隊大阪巡業 其の三
6月10日。
当日入りしたTakashi氏とも合流し、
ようやくアコギ隊全員集合。

お昼前から会場に入り、調整その他色々。
お昼ごはんの後で、Ryoさんを交えての最終練習。
それから今回のイベントでは、JT-Bの他にも
関西のタイ留学生によるアコースティックバンドも出演することになっていて、
「じゃあ、そのボーカルさんに女性曲を歌ってもらおう!」
という行き当たりばったりこの上ない企画をし(笑)
Maiさん Booさんのお二人と当日練習。


すると、あっという間に式典の時間。


タイの方々は皆、国王のお生まれになった曜日の色、
「黄色」のシャツを着ていて。
タイ領事・総領事の挨拶の後、
国王のこれまでを収めた映像が流され、
参加者は手に手にろうそくを持ち  (←タイ国内の式典でも行われたようですね)
国王への賛歌の合唱。

おごそかなムードで進む式典。

その後は、ごはんー(爆)
振舞われるタイ料理・お酒を
「本番前だからほどほどに、だよね」
と言いながら、いいペースで消費。そうこなきゃですよ(笑)
ワインクーラーSPYは好きだなぁ。
あと、とろみのついたスープ、、、すごいおいしかった!!!
名前、なんて言うんだろ。。。


そして、お待ちかねの時間。
まずは、Maiさん、Booさんのアコースティックバンドの演奏。
男性ボーカル1人、女性ボーカル2人、アコギ2人の編成で、
前半は機材トラブルもあって慌てる場面もありましたが、
それをものともせぬ演奏で。
Taa Deeng Deeng(Palapol&Punch)は面白かったなぁ!
(しっかり者の妹とちょっと頼りなげなお兄ちゃんの歌なのです)
妹が2人に増えてるの。
で、ちゃっかり、ねだるお小遣いも増額してたりね。
お兄ちゃん役の男性ボーカルは真剣に困ってたんじゃなかろうか(笑)

それから、国王が作られた曲を、
国王の写真とタイ語字幕の映像に合わせた演奏も行ったりして。
リーダーも言ってますが、本当にすばらしい演奏でした。

その、国王作の曲を聴きながら国王の写真を見て、
感極まって泣いているタイの方々もかなりいました。
タイ国民にとって、国王の存在がいかに大きいものなのかを
実際に目の当たりにさせられましたです。


そんな中、我々JT-Bアコギ隊の出番です!

アコギ隊というちょっと縮小編成だったりして
盛り上げるこちが出来るか、少し不安もありましたが、
大阪の皆さんのとてもあたたかい声援で迎えてもらえました♪
もう演奏しているこっちも楽しくて楽しくて。
椅子に座って演奏してたのですが、立って前に出たくなるほど(笑)

練習は当日のみだったRyoさんでしたが、
そんなのを微塵も感じさせない堂々のボーカルとステージング。
とても頼りになる方だなぁと再確認。
MCのメンバー紹介で、Takashi氏を
「Khao Pen Khon Jing (彼、中国人なんです)」と紹介してたのは爆笑でしたがね。

当のTakashi氏はタイ語知らないので、何が起こっているのかわからず。
それがさらにおかしみを誘う・・・
だからタイ語勉強しなきゃダメなんですって。
領事館の方にタイ語で話しかけられても英語で話しかけられても、
氏はかたまってて、超面白かった・・・(大笑)

何はともあれ、アコギ隊大阪巡業は成功だったかな。
イントロが始まっただけで、歓声をもらったことも多々あったし、
本編最後のKithun Chan Mai Welaa Thii Theeは大合唱でしたね!
楽しんでもらえたようでよかったです。
私も、楽しかったなぁ。


式典が終わったら新幹線駅へ直行。
帰り際に、領事館の方々に、「また演奏しに来てほしい」との
ありがたいお言葉をたくさん頂きました!

そして新大阪駅ビルの、
お好み焼き屋さんで祝杯をあげて、怒涛の帰途へ。

新幹線では、今後のJT-Bについて熱く語り合いつつ、
やっぱりお酒飲む我々でした(爆)
ま、たまにはこんなんもアリよ。

いいライブの後のお酒はおいしいね。。。
へべれけ3デイズ
うひゃひゃ。

今日でへべれけ3デイズ。
ユカイツーカイ♪
(笑)


あ、お父様お母様。
あちきは東京で遊び呆けているだけではございませぬ。
特に今日の飲み会はとても意義のあるものでした。
ほんとでし。

それを証明すべく、、、ここに記しまふ。
明日は午前授業ないしねー。


でも若干酔いが回ってるのは確か。
まともな文章かけるのかしら。。。


  筆:Tomo@へべれけー
久々復活・・・(BlogPet)
きのうこみそが、大連に雑務が催促しなかったー。
大連まで雑務みたいな巡業した?
大連に遠距離は終了したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こみそ」が書きました。
JT-B阿漕隊大阪巡業 其の二
6月9日昼。
新幹線に乗り込む。。。

東京より西側に行く新幹線に乗ったのは、
まだ1回だけ。しかも10年くらい前の話。
かなりはしゃぐTomoさん。
しかし、西日本の地理の知識がどーしよーもないレベルなため、
Tomo:「大阪って●●●●●●●なんだね!!」(わくわく)
Masato:「・・・何・・・言ってるの?当たり前でしょ・・・・^ ^;;」
と、リーダーをドン引きさせるワタクシ。
恥ずかしすぎて、伏字の部分は明かせません・・・・・・。
秘密にしといてね、リーダー・・・(涙)


そして2時間半の旅路を経て、大阪初上陸!!
Ryoさんたちと合流する前に、待ち合わせ場所付近の
ザ・大阪スポットを見てまわることに。

道頓堀の橋(でも有名なとこじゃないとこ)を渡って、
吉本なんば花月の辺りへ。
笑い飯が出てたら見たかったに~。。。

さて、この時点でお夕飯まであと1時間。
でも、でも、でも・・・

「たこ焼き食べたい」

リーダー苦笑。
ちょうど近くにたこ焼きの有名店があったので食す。
20060618235140.jpg

ネギがたっぷりかかったたこ焼きをポン酢でいただく、といふ
「ネギぽん」。。。
かつぶしとネギでたこ焼きが見えない・・・素敵・・・・・・♪

たこ焼きは超・あっつあつで涙出るほど(口ヤケドした・泣)
でも、おいしかった~~
ネギそのものもかなりおいしかったし。。。
ポン酢のさっぱり感がまた良し。
このお店には他にも色々な種類のたこ焼きがあって、
全部食べてみたかったなぁ・・・


さて、夜になりRyoさんやお世話になる領事館の方々と合流。
次の日の打ち合わせを兼ねて夕食。

タイ語の嵐の真っ只中に身を置くTomo。
学校で習った知識をフル活用させて、何とか聞く、話す。。。
Ryoさんの前でタイ語を使うのは初めてだったので
「Tomoちゃん、いつの間にタイ語話せるようになったの?」
とちょっと驚かれ&お褒めにあずかりました★
後でリーダーMasato氏にも
「言われてること大体わかってたみたいだもんなぁ、すごいよ」
えへへ。
ただの自慢じゃないかって?
いーじゃないの、たまには(笑)


最近すっかり第2外国語がタイ語となっております(笑)
語彙とかは無論まだまだ英語に勝てないのだけど、
日本語以外でしゃべらなきゃいけない場面で
反射的に出てくるのが、タイ語なんですよ・・・
英語で話しかけられても、タイ語(爆)

この日のように、学校以外でタイ語を使わなきゃいけない機会
というのに多く恵まれているからなんでしょうね・・・
むしろ、今のところ他の言葉に関してはないもんなぁ。

もっともっと上手くなりたいもんです。
JT-B阿漕隊大阪巡業 其の一
はてさて、タイフェスの熱気も覚めやらぬ5月末。
大阪タイ領事館より急なオファー。

「プミポン国王陛下在位60周年記念のイベントで演奏してほしい」
6月10日(土)@大阪~。

そう、その時点で本番まであと2週間しかなかったのは有名な話

時間、場所などの関係上、
出陣するはJT-Bアコギ部隊。
Ryo on Vocal (大阪在住)
Masato on Drums (アコギ部隊仕様)
Takashi on Keybords (ピアニカー)
Tomo on A.Guitar


楽器隊合わせは1発!
全員合わせは当日!
曲は10曲!




わっしょーーーーい(壊)

ね、ね、、、これならブログの更新止まるのも無理ないよね?
え、ダメ?

それからは猛個人練習でしたよ。
朝・・・はしないけど、昼も夜も(アパートの住人さんごみんなさい・笑)



さて、練習でテンパったのも事実なんですけど、
ワタクシ、大阪に行ったことなかったのです!
本州最西端は静岡ですからっ!
あとは、飛んで沖縄(笑)
なので、初大阪にめちゃめちゃワクワクしてたのも事実♪

というわけで、前日の金曜日にフライング出発して、
ちょいと大阪を見て、大阪支部長Ryo氏とお酒を酌み交わすコースにしました(笑)

無論、金曜午後の授業は(以下自粛)

タイ語の授業に、無断欠席するよりは・・・と、
「あの、王様の在位祝典イベントに出るので・・・」
とか先生にあらかじめ伝えてみる。。。

それでもサボ●には変わらないのだけど(爆)

だるくて行かない・・・とかじゃないし!
普段ちゃんと出席してるし!
たまにはいいよね・・・・と自分に最も言い聞かせる。


そんなこんなで、JT-Bアコギ隊大阪巡業出陣の準備は整ったのでした。

久々復活・・・
どうもどうも、お久しぶりです・・・

タイフェス終了後、何とか普段の生活に適応にようと
頑張っていたのですが、ご存知の方もいらっしゃる通り、
大阪巡業の話が飛び込んだり
バンド雑務やらサークル雑務に追われてぐったりでふ。

しかし、恐れ多くもリーダーMasato氏@大連から、
「いい加減ブログ更新しろよ~」
との遠距離催促を頂いたので、ちょろっと書いてみる次第です(笑)

よろしければ、お付き合いくださいまし。
2006タイフェスティバル―1日目(BlogPet)



ライブは、タイで大きい
ダメと、ステージ裏に引っ込むと、心地よい緊張感少し

そして、演奏することの楽しさ
と、こみそが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こみそ」が書きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。